dinosauroidとは、私が小学生のころに読んだ恐竜雑誌に載っていた造語です。恐竜人間・・・ロマンですな~
トップ
 
<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
燕 岳2017
c0093131_10224418.jpg
毎年この時期は息子と2人で富士山に登ってたけど、毎年毎年で飽きてきて今年は燕岳にしました。
言わずと知れた「泊まりたい山小屋No.1 燕山荘」
人気があって駐車場に止めるのがまず最初の難関。木曜の19時半ごろに家を出発して、
23時過ぎに駐車場到着。さすがに第一駐車場に止める事が出来ました。
車中泊して、6:30登山開始!
7:20第一ベンチ到着。さっそくこの表情↑
スロースターターの息子は最初の急登でくたくたに。
c0093131_10203300.jpg
第二、第三、富士見ベンチとどんどん元気になる息子、
反対にどんどんへばってくる父親・・・
10:00合戦小屋到着。からっとした天気じゃないせいか名物の西瓜を食べている人が少ない。
昨年来たときは西瓜食べてる人だらけだったのにな。
我々もCCレモンとコーラで休憩。ここまではかなりの急登で日本三大急登と言われています。
でも危険箇所もないし、整備もされているから小さい子供でも登っていました。
こっからは1時間ちょいで燕山荘。
c0093131_10181520.jpg
今日のお宿に12:00到着!
僕はへろへろで息子が先に到着^^;
小学生以下の子供には登頂証明書を読み上げて、いただけます。
スタッフも拍手してくれたりして、子供にはいい想い出になるかな〜
うちの子からはまったく笑顔が見れませんが・・・
c0093131_10165636.jpg
いつもはカップラーメンだけど、昼に到着できるだろうと思ってたから
ちょっと贅沢に山小屋でランチ。
ビーフカレーとビーフシチュー。
c0093131_10163677.jpg
まだまだ時間があるので重いリュックは寝床にデポして、
疲れた父ちゃんは手ぶらで、息子に水と上着を入れたリュックをもたせ、
燕岳山頂を目指します。
c0093131_10144954.jpg
わかってたけど、展望なし。昨年も思ったけど、頂上の立て札作ってほしいよ。。。
この下に置いてある石じゃ記念撮影しづらい・・・
燕山荘から30分の距離なのでお手軽。前はここから槍ヶ岳がきれいに見えたんだけどなー
c0093131_10141617.jpg
おっちたら真っ逆さま!!!
なわけもなく後ろは崖じゃありません。
c0093131_10114327.jpg
まだまだ時間があるので、ケーキとコーヒーでお茶。
北アルプスでもっとも優雅な一時が過ごせる場所です。
後ろのおじいさんと外国人男性は中ジョッキを楽しんでいました。
僕もビールが好きだったらこの時間楽しめるんだろうけどなー
c0093131_10105104.jpg
夕飯。サバの味噌煮、鶏肉、デザートは杏仁豆腐。
オーナーのお話を聞いて、恒例のホルンを聴いて楽しい夜ご飯。
c0093131_10061610.jpg
朝ご飯。山登るためなのかちょっぱいものが多いです。
朝もデザートつきでゼリー。
c0093131_10054320.jpg
朝雲が切れて、ようやく槍ヶ岳が顔を出しました。
6時に下山開始です。いつもの通り飛ぶように駆け下りて行く息子。
c0093131_10052133.jpg
30分で合戦小屋まで降りてきてしまった。
ひっきりなしにヘリコプターが荷物を持って行ったり、ゴミを持って行ったり。
こんな早朝だから当然小屋もお客さんがほとんどいなくて暇そう。
この日は土曜日だからこれからすごくたくさんの人が登ってくるだろう。
このペースだとかなり早い時間に下山できちゃうな^^;
この後予想的中で団体がたくさん登ってきたりして、渋滞発生してちょっと足止めされたりもしたけど、
その分駆け下りてるから別に急ぐ必要もないんだけど、下りって別に楽しむものもないし、
元気なもんだからついついスピードが出ちゃう。
c0093131_10045277.jpg
登りは5時間かかり、帰りは2時間・・・
余裕の下山でした。まだ8時^^;
正直息子と2人なら日帰りできちゃう行程でした。
まあ運転やらなにやら考えると泊まりがいいけど。
地元の縁日にも余裕で間に合いました。
燕山荘は噂通りのすばらしい山小屋で、なにより山小屋とは思えないきれいさ。
女性に人気があるのがわかる。富士山と北岳の山小屋しか泊まったことないけど、
全然違います。ここはお勧め!他の山小屋行きたくなくなっちゃうかもしれないけど^^;

[PR]
by dinocyoco | 2017-07-30 11:11 | | Comments(0)
間ノ岳リベンジ
c0093131_19570195.jpg
2年ぶりに間ノ岳を目指しました。
前回、行きの登りで疲れ果てて間ノ岳は諦めました。
敗因はテント泊にしたための荷物の重さと、スタート時間の遅れです。
これを教訓に今年は1番最初の乗り合いタクシーをゲット!
しかし3連休のため想像以上の混み方。おかげで1番乗りをゲットするために
仮眠は30分のみ・・・・1時30分には芦安駐車場に着いたんですけどね〜
第4駐車場でした。。。
c0093131_19575777.jpg
お決まりの雪渓。今年は雪が例年より多いようで前回同様容赦なく体力を持ってかれる・・・
テント泊をやめて重量を減らしたというのに。。。
c0093131_19595266.jpg
もうこのころには今日の間ノ岳は諦めかけていました。
明日、朝から間ノ岳行ってピストンで帰ればいいやと・・・
北岳は一度行ってるからもう一回行かなくていいし^^;
c0093131_20000653.jpg
北岳山荘に到着。普段は魚料理の夕飯だけど、大混雑のためカレーに・・・(涙)残念。。。
布団も一枚に2人で使用という無理ゲー^^;
c0093131_20013673.jpg
2日目、5時スタートで間ノ岳を目指します。天気もよくて気持ちがいい!
20時消灯で、そんな早く寝れるかい!ってことで何度も目が覚めたけど、
前日が30分しか寝てないから、それよりは寝れたかな。
c0093131_20012402.jpg
一時間半後、念願の間ノ岳到着!
ちょっと散策して、再び北岳山荘に戻ります。
c0093131_20005585.jpg
こちらは朝ご飯。ちなみに4時半です^^;
c0093131_20020126.jpg
昨日来た道を戻りたかったけど、あの雪渓を下るのはかなり危険と判断し、
仕方なく北岳に登り一昨年と同じルートで帰りました。
結果として一昨年よりきつい行程になっちゃいましたが、なんとか下山できました。
日本第2位の山は伊達じゃないな、2年歳とったとはいえ疲れた。。。
c0093131_20023280.jpg
下山途中に見た昨日の雪渓。やっぱり下りで使わなくてよかった^^;



[PR]
by dinocyoco | 2017-07-19 20:17 | | Comments(0)


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31