dinosauroidとは、私が小学生のころに読んだ恐竜雑誌に載っていた造語です。恐竜人間・・・ロマンですな~
トップ
 
<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
今年最後のバリック
c0093131_21445619.jpg

ランチバリックに行ってきました。もう今年は行き納めです。
来年はもっと行きたいなぁ。アップルパイがすごく食べてみたい・・・
茅ヶ崎牛も食べてみたい。ディナーでも行ってみたい。。。
楽しみは取っておこう。
c0093131_2144354.jpg
c0093131_2143551.jpg
c0093131_214338100.jpg

[PR]
by dinocyoco | 2013-12-19 21:46 | グルメネタ | Comments(0)
日本百名山 雲取山
c0093131_044268.jpg

山登りを始めたころから行きたいと思っていた雲取山(2017m)に行ってきました。
東京都の最高峰です。といっても、東京と埼玉と山梨の県境にあります。
今までの登山で一番疲れるものになりました。
行程20km、累計標高差約1750m。とにかく長い・・・日帰りのギリギリラインが
ここだと思います。
↑ここは最初のピーク、七ツ石山(1757m)です。すごく景観のいい場所。
c0093131_042617.jpg

この山頂から目指す場所が見えます。見えているのは山頂付近にある避難小屋。
はるか彼方です。。。でも気持ちの良さそうな尾根道も確認でき気持ちが流行ります。
c0093131_041084.jpg

こんな風に道は広くて気持ちがよくて登りやすいです。
が・・・アップダウンが結構あり、疲れます。
c0093131_035152.jpg

眺望がいいので常に富士山を拝めます。徐々に雪が目立ち始め、最終的には雪道だけになります。
c0093131_033762.jpg

まだかまだかとぼやきながらようやく山頂。
↑ここは東京都の目印、もう朽ち果てそう^^;
c0093131_031872.jpg

こちらは埼玉県の目印、こっちの方が立派です。
山頂は意外にも狭くて、ここでお昼を取っている人は少ないです。
避難小屋付近の方が人が多いです。我らは雲取山荘まで行って昼食をとりました。
ここから地獄のなが〜い下りが始まります。もうよく登ってきたな〜と感心しちゃうくらい
長かったです。
でも達成感も相当なもんで、終わってみれば楽しかったなと思いました。
2013年の締めくくりにふさわしいすばらしい山でした!
[PR]
by dinocyoco | 2013-12-17 00:27 | | Comments(0)
今年2回目の鍋割山
c0093131_13392983.jpg

息子を連れて、鍋焼きうどんを食べに鍋割山に行ってきました。
前回はまだまだ気候も暑くて鍋焼きうどんの季節じゃなかったので、
ベストな季節にもう一度。しかしネットでレポート読んでると昼時で
1時間待ちとか書いてあったので、早朝出発で10時台到着を目標に行きました。
c0093131_1339381.jpg

空気も乾燥し、快晴。気温も低い。富士山がすごくきれいに見えました。
丹沢エリアの紅葉はそろそろ終わりかなって感じですが、それでもきれいに見えました。
観光地の紅葉狩りを離れ、山での紅葉狩りも気持ちがいいし静かで満喫できます。
息子はまったく見ていませんでしたがw
c0093131_13384848.jpg

予定通り10時台に到着できたので、山小屋も空いています^0^
中に入って鍋焼きうどんを食べました。このうどん具も多くてなかなか大人でも
おなかいっぱいになるので、息子と2人で一個です。
こんな山のてっぺんできのこ類、油揚げ、卵、天ぷらなどがはいって1000円は
安いですよね。これでも年々値上がってきたみたいなんですけどね。
c0093131_13382283.jpg

1272m。帰りは小丸尾根から帰るので、ここからちょっと登ります。
小丸は1341mです。累計標高差は900mくらいかな。
c0093131_1337493.jpg

今回の同行者は会社の先輩です。息子は前にも一緒に山に行ってるので
人見知りはなかったです。もともと大人が好きなので人見知りしないんですが^^;
c0093131_13372663.jpg

ここからなが〜い下りが始まります。大倉尾根も長いと感じますが、
小丸尾根は大倉尾根ほど距離はないのに長く感じます。
下りづらい道だからだと思います。大倉尾根と違ってあまり整備されていないため
急な坂道をくだらないといけない箇所が多いです。
なので足の踏ん張りが必要。結果膝がガクガクしてきます^^;
下り好きな息子もいい加減「足が痛い」と不満を漏らしていました。
c0093131_13363716.jpg

丹沢エリアはこんな気持ちのいい尾根道が多くて楽しいです。
ルートに寄っては登りごたえもあるし、子供のレベルアップにも使えます。
如何せん、ヒルさえいなければ・・・・惜しい・・・
[PR]
by dinocyoco | 2013-12-01 13:42 | | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31