dinosauroidとは、私が小学生のころに読んだ恐竜雑誌に載っていた造語です。恐竜人間・・・ロマンですな~
トップ
 
<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
映画レビュー『WALL・E』
言わずと知れたピクサーとディズニーのCG作品です。
感想としては「惜しい!」って感じですね〜
いい線行っているのに、最終的に平凡な話で終わってる。
同じCG作品で言えば、『ファインディング・ニモ』とか『Mr.インクレディブル』の
方が全然面白く、感動もできる。
なんだろう、ひねりがないために、予想のできるお話にまとまっちゃってる感じ。

映像は文句なしにきれいである☆
主人公がポンコツロボットということで、ほぼしゃべることができません。
なので映画の前半は終始無言で進行します。でもつまんねーなーって
思うことはないですね、ここがピクサーの実力なんでしょうか?!

どうも生理的に受け付けないのが、このCG作品で出てくるデブキャラ・・・・
『WALL・E』に至っては、人間はデブキャラしか出てきません。。。
とてもイラっとくる。。。見た目が生理的に受け付けないんです^^;

そんなこんなで内容的にも夢のある話ではありませんし、感動もないですが、
子供は楽しめる映画なのではないでしょうか、少なくとも『崖の上のポニョ』よりは
秀逸な映画です^^;
点数は65点。

c0093131_23274741.jpg

ウィズガスフォトコンテストの抽選で当たった
お肉が届きました〜
初めて家でしゃぶしゃぶやりました^0^
[PR]
by dinocyoco | 2009-02-28 23:28 | 映画ネタ | Comments(2)
海でお散歩
c0093131_2131898.jpg

海では被写体となるもの・人が豊富に存在します。
でも、「撮らせてください」の一言が言えないので、
指をくわえて見ていることがほとんど・・・
↑この子は従兄弟の子供なので撮ってOKなのです^^;
でも犬は知らない犬です。子供を出しにどさくさにまぎれて撮らせて
もらいました♬

犬は寒くてもアグレッシブ!
[PR]
by dinocyoco | 2009-02-25 21:09 | 風景写真 | Comments(6)
DVDレビュー 『僕の彼女はサイボーグ』


まずなんでこれを見たかったかというと、
綾瀬はるかのファンだからです。
ただそれだけの理由です。
いや〜かわいいかわいい☆美人さんだしね〜
(昔の姿や、性格は別として・・・)
世界の中心で、愛をさけぶ、白夜行、ホタルノヒカリ、たったひとつの恋、あいくるしいなど
すべて綾瀬はるか目当てで見ました^^;

『ハッピーフライト』がDVD化するのが
いまから楽しみです♪

で、本題ですが・・・
すごい映画があったもんだ・・・というのが感想。。。
綾瀬はるかはすごくよかったです。彼女に罪はない・・・
監督?脚本?に罪がある。
どことなく最近の韓国映画のノリってやつです。こういうのが
韓国では流行るのかな
あらすじとしては、未来の自分が過去の自分のために
かわいいサイボーグを送りつけるという話。
サイボーグはターミネーターってとこです。すごく強くて
主人公を守ってくれます。
登場シーンなんてターミネーターを丸々コピってます・・・
まあ、100歩譲ってここまでは許しましょ。
ですが後半の展開がぶっ飛びすぎています。これを読んで一度見てみようと
思ってくれた怖いもの見たさな人のために内容は書きませんが、
もうね、ドン引き間違いなしです。
あるシーンなんかは「寒い・・・ほんと寒さを感じる・・・小出恵介きもい!」
と本気で思います。
無理無理な展開にも寝ないで最後まで見れたひとえに
綾瀬はるかだから・・・・ただそれだけ・・・

点数は、30点。綾瀬はるか効果で50点でもいいかな^^;
ちなみにうちの奥様は開始30分たらずで熟睡しました。。。

c0093131_23551679.jpg

スープカレー自体食べるのが初めてだったんですが、
これがなかなかどうしてうまいじゃないですか!
ご飯にかけるんじゃなくて、つけ麺みたいに食べるんですねー^0^
[PR]
by dinocyoco | 2009-02-24 23:56 | 映画ネタ | Comments(4)
1歳になりました
c0093131_22365050.jpg

うちの息子もあっという間に1歳を迎えました☆
ほんと早いですね。2歳がくるのもすぐでしょうね^^;
まだ1年しか経っていないのか?!って思うほど成長はしていますが、
実際はすぐに忘れてしまいます。生まれた当初の状態が
早くも頭の中で薄れてきています^^;
最初はかわいい泣き声だったはずなんだよな〜とか・・・
今の絶叫を聞いてからでは、当時のことは思い出せません。
もう一回あの頃に戻ってほしいな〜って思います。
あの当時はその状態がすごく大変に思えて、早く成長してくれー!
って思ったものですが^^;
過ぎ去ってしまうと、生まれて間もない頃の状態はほんと少ない期間であって、
2度とその状態はこないんですよね〜
今は早く歩いてくれー!なんて思っていますが、
数年後には抱っこするのが少なくなって寂しいと思うんでしょうね。

1歳のイベントと言えば・・・
[PR]
by dinocyoco | 2009-02-22 22:46 | 子供 | Comments(9)
和のカフェ 一葉
c0093131_23452681.jpg

灯台下暗しとはこのことです。
茅ヶ崎の駅ビルにこんな僕好みのお店があったとは!
本店は新宿らしいんですが、なぜか新宿と茅ヶ崎にしかないみたいです。
なぜ茅ヶ崎なんでしょ^^;

何を食べたんでしょ〜^0^
[PR]
by dinocyoco | 2009-02-18 23:50 | グルメネタ | Comments(6)
DVDレビュー 『クローズ ZERO』
主演:小栗旬
出演:山田孝之
   桐谷健太(売れてるね?
   上地雄輔(似合ってないね?
   高岡蒼甫(売れてるの?!)
   黒木メイサ(いる???)
   岸谷五朗

男の子が喜ぶ”ひたすら喧嘩”のお話です。
拳の強さだけが自分を表現する手段であり、そのためだけに生きている。
そんな高校生のお話です。
とても女性が見て面白いと思える代物ではないですね。
学園もの(?)なのに、授業の様子や先生なんかも出てこない、
当然登下校も、家での様子なんかもってのほか^^;
ひたすら喧嘩上等なのである。
でもその迫力ある描写に引き込まれます。残念なのが、その迫力ある殴るシーンは
後半なくなります・・・言葉で伝えるのは難しいですが、
「ドガッ!」「ガツン!」一瞬スローモーションになり、相手が打ちのめされる。
拳の重さが伝わります。なぜか後半はこの描写がなくなる。。。はぁ・・・残念。。。

で、もひとつ残念なのが、僕は山田孝之が好きなんじゃ!
なぜに主役が小栗旬なんじゃーー!

とにかく内容は単純明解で長く続ける上では広がりようがないように見えますが、
原作は結構長いですよね。
で、この映画も続編が今年やるみたいです。もちろん山田孝之はでない・・・
1にしても2にしても原作と関係ないオリジナルストーリーなのでなんでもありだと
思いますが、だったら”クローズ”という名前を使う必要があるんだろうか?!

頭を使わず気楽に見れる娯楽映画として、”あると思います!”
点数は山田孝之のかっこよさに免じて70点で。
c0093131_2144781.jpg

[PR]
by dinocyoco | 2009-02-16 21:44 | 映画ネタ | Comments(6)
梅祭り in 高砂緑地
c0093131_17161066.jpg

2月11日は茅ヶ崎の高砂緑地というところで、
梅祭りが開催されました。
ここはいつでも入れる庭園みたいなところで、すごくちっちゃい
場所です。
なので人がわんさか^^;

梅の種類はよくわかりませんが・・・
[PR]
by dinocyoco | 2009-02-15 17:24 | 植物写真 | Comments(2)
DVDレビュー 『魔法にかけられて』
見たことはある顔ぶれがでていますが、よくわからないので、
出演陣は割愛。

アニメの世界から実写の世界へ飛び出してしまう
ディズニー映画です。ディズニーでお決まりの、白馬の
王子様とお姫様が主人公です。

これ、なかなかいいですよ^0^
大筋はなんのひねりもない内容ですが、要所要所に散りばめられている
ギャグはすごく笑えるし、なにより終わり方も申し分ないです。
ディズニーってとこはこういうセンスもあったんですね
夢もありますから子供と一緒に見るのにも適していると思います。

でも「カンナさん」には勝てないかな〜ということで
点数は75点で。
リス君だけは「カンナさん」に勝ってるんだけどな〜
僕はリスに爆笑しました☆

c0093131_23153239.jpg

ごひいきのふるや古賀音庵の季節もの、桜餅です。
c0093131_23154194.jpg

普通薄い皮で餡をくるっと巻いたやつですよね。
これは薄いには薄いんですが、もちもちのお餅なんです。
餡もしつこくないので、何個でもいけちゃいますよ〜
[PR]
by dinocyoco | 2009-02-13 23:17 | 映画ネタ | Comments(6)
『ソロモンよ、私は帰ってきた!』
c0093131_1932567.jpg

っというわけで僕の好きなモビルスーツ3体の
うち2体目は↑こいつでした〜
OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の
ガンダム試作2号機(GUNDAM GP02)、コードネーム:ガンダムサイサリス。
数あるガンダムシリーズの中で、物語としても一番好きなシリーズです。

今思えば、ガンダムがやたらめったら出てくる昨今のシリーズの
走りは、こいつだったのか?!(笑)

よかったら見ていってください☆
[PR]
by dinocyoco | 2009-02-11 19:08 | | Comments(2)
DVDレビュー 『それでもボクはやってない』
主演:加瀬亮
出演:役所広司
   瀬戸朝香
   もたいまさこ
   山本耕史
   竹中直人
   小日向文世
監督:周防正行

役者陣を見てもらえればわかるように、有名な人ばかりである。
演技に対する文句は何一つ思い浮かばない。
多分これはクオリティの高い映画などだと思う。
しかし・・・
如何せん僕の趣味ではありませんでした。
裁判ものや刑務所ものなんかはめちゃめちゃ好きなんですよ。
でもそれは最終的に「ああ〜悲しい現実ではあるけれどいい映画だった!」と
言える場合なんです。
「それでも僕はやってない」は最終的に
「えぇ?これで終わり・・・う〜ん・・・結局そういうことですか」
ってな感じなんです。淡々と事実が語れるって感じ。
僕の好きな映画に「評決のとき」ってのがあります。決してハッピーな
話ではないけれど、考えさせられる映画です。
僕の好きな映画に「告発」ってのがあります。決してハッピーな
話ではないけれど、考えさせられる映画です。
僕の好きな映画に「ショーシャンクの空に」ってのがあります。とてもハッピーな
話です。
どれも見終わった後、深く自分の中で考えさせられるんです。
それが「それでもボクはやってない」では起きませんでした。
感じることは、痴漢冤罪・・・こわ〜い
男ってあっという間に、簡単に社会的に抹殺されちゃうんだね。。。ってこと。
そこに希望は何一つない・・・これが日本の現実・・・

そう、女子の諸君!
むかつく男がいたらこの手を使えば一発さっ!

最終的に暗い気持ちさせてくれる映画だ。
ってことで点数は60点(Shall We Dance?は面白かったのにな)
c0093131_2235348.jpg

こちら中村屋と成城石井のコラボレトルトカレーです。
いろんなレトルトカレーも試していこうかな〜って思ってます。
馬鹿にできない値段するやつもあって、そういうのは除外です^^;
だって所詮レトルトですから、出せても400円までかな〜
↑これはなかなかおいしかったですよ!インドカレーな感じは
ありません。でもスパイスが効いてる感じ。
[PR]
by dinocyoco | 2009-02-10 22:10 | 映画ネタ | Comments(2)