dinosauroidとは、私が小学生のころに読んだ恐竜雑誌に載っていた造語です。恐竜人間・・・ロマンですな~
トップ
 
<< 浜降祭準備 第12回埼玉県テコンドー選手権大会 >>
瑞牆山と金峰山の連登
c0093131_16303252.jpg

山梨県にある百名山の金峰山と瑞牆山へ日帰りで行ってきました。
みずがき山荘からまずは瑞牆山へ。
上の写真は登り始めてから30分のところからの景色です。
かなり彼方に見えますw
c0093131_16295822.jpg

残念なことに一気に下ります・・・アップダウンの激しい山行です。。
c0093131_16291783.jpg

終始こんな感じで険しいルートです。
一歩の歩幅が広くなるし、かなり足をあげないといけないので、疲労がたまります。
c0093131_16284443.jpg

急登ばかりですが、その分距離は短いです。瑞牆山到着(2230m)
カンカン照りの天気でしたが、大部分日陰の状態で登れるので、
暑さはそんなにきになりませんでした。
c0093131_16281780.jpg

瑞牆山山頂から見る次の目的地金峰山です。
ひょこっと飛び出てる左のピークが金峰山です。
ほんとにたどり着けるでしょうか・・・
c0093131_16272869.jpg

それにしてもすごい高度感です。写真では伝わらないけど、
吸い込まれそうで、高所が苦手な僕は長居できません^^;
c0093131_16265337.jpg

来た道を戻り、富士見平まで。ここで早めのお昼です。
今日は家の近くにあるお気に入りのパン屋さん「パンドケイ」のパン。
ハード系のパンがおいしいです。1個でおなかいっぱいになっちゃいます。
でもこれが後々、えらい目にあうことに。。。
c0093131_16262150.jpg

この山小屋を左に行くと瑞牆山、右に行くと金峰山。
完全に登って降りて登って降りてなので、丸々2座分登り降りすることになります。
少しでもつながっていたらこんなにきつい山行になることはなかったんでしょうが。。。
c0093131_16254358.jpg

開始直後は緩やかな登りがたんたんと続いて、瑞牆山に比べると断然登りやすいです。
でもずっとこんな調子なわけがありません。。。
c0093131_1625219.jpg

長いです・・・どんどん元気のなくなる僕・・・
あげくめまいまでしてきます。1歩がすごく重い・・・
体力が乏しいこともさる事ながら、めまいなんていつもすることはないので、
これはシャリバテか?!さすがにパン1個でこの山行は無理だったか・・・
途中疲労で気持ち悪くなっちゃって、行動食を食べる元気もなくなり、水しか飲めない
状態に。。。
この写真の右のピークまで行ってリタイヤしました。一番左のピークが金峰山山頂です。
同行の先輩だけ山頂に行ってもらって僕は下山です。もう見えてるのに
すっごい悔しい思いをしました。。。
まあ下りも命からがらって感じだったので、リタイヤして正解でしたが。
この後、ウィダーを飲んでしばらくしたらめまいはしなくなったので、
エネルギー切れだったのかなと。これからは気をつけようと切実に思いました。
c0093131_16242913.jpg

金峰山は途中からこんなコースになります。
両側崖なんてとこばかりが続く結構危険な場所でしたね。
でも絶対リベンジしてやるっ!

いやァ〜ほんと疲れた・・・
[PR]
by dinocyoco | 2014-07-13 16:47 | | Comments(0)
<< 浜降祭準備 第12回埼玉県テコンドー選手権大会 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31