dinosauroidとは、私が小学生のころに読んだ恐竜雑誌に載っていた造語です。恐竜人間・・・ロマンですな~
トップ
 
<< サンリオピューロランド インターライフ「シルエット写真... >>
3歳の金時山デビュー戦
c0093131_13453259.jpg

親子3人での金時山トレッキングに行ってきました。初めて金時山に行ったのは1年前、
息子4歳で娘は2歳。娘は僕の背中に乗っての登頂でした。
そのとき息子は下りの転倒で歯を脱臼、唇殺傷により心が折れてしまい、
僕の抱っこで下山。トラブルに見舞われた山でした。
今回息子は5歳になりリベンジ、娘は兄ちゃんよりも1年早くデビューです。

前回は基本通り公時神社からのスタートでしたが、今回は乙女口から逆回りにしました。
というのも、人気の山なので、混んでいます。まあ混んでいると言っても高尾山レベルでは
ないです^^;でも登山コースは狭くて渋滞がする場所もあるので、空いている逆回りを
選んだわけです。
ここの欠点は駐車場から車道を歩いて登山口まで行かないといけないところです。
大人なら10分で着くところをわが家は20分かかりました^^;
というわけで8時10分登山開始!ちなみに無料駐車場は7時半の時点で満車・・・
でも500円で広い駐車場があるので安心です。
c0093131_13451386.jpg

初心者向けの山ですが子供にとっては意外と険しかったりします。大山もそうですね。
一つ一つの段差が高いので、大人が足をあげるのとはわけが違います。
そこを考慮してあげないとな〜とはわかってはいるものの、登っている間に
じれったくなり叱咤激励する場面も多々^^;
c0093131_13441298.jpg

乙女峠まで大人の足で40分のところ、わが家は1時間半。
まだまだ元気です。って元気じゃないと困りますが^^;
ここには富士見台がありますが、生憎の天気で何も見えず。。。
c0093131_1343661.jpg

10時30分、長尾山到着。
乙女峠から大人の足で20分ですが、倍かかりました。
ここは展望はありませんが広くてお昼をとるのに最適です。
逆ルートを選択した理由の一つでもあります。金時山の頂上は混んでいる上に
岩場なのでお昼をとる場所にちょっと困ります。子供がいるとなおさらなので、
長尾山でゆっくりするのもお勧めです。
c0093131_14344362.jpg

おなかも満たされ頂上を目指します。この先アクシデントが・・・

「うんちしたい・・・」

でた。。。恐れていたことが・・・しかし!
ふっ、こんなサプライズは想定の範囲ないさ^0^
頼れるお父さんは得意げにリュックから取り出すのです、伝家の宝刀を。
こんなこともあろうかと事前にモンベルで携帯トイレグッツを買ってきていました。
袋に用をたして、ゲル化させて、密封するという簡単なものですが、
子供と山に行くときには必要かと思います。

しかし。。。でなかった・・・
登山道をバンバン人が通る中、お尻をペローンと出させて踏ん張らせて、
それを支える父親。。。かなり恥ずかしい思いをしたのですが、環境のせいか出ませんでした。
お尻ペローンを支えながらの「こんにちは〜」の恥ずかしさと言ったら・・・
c0093131_133934100.jpg

気を取り直して頂上到着!12時50分。
長尾山から45分のところを、1時間30分くらいかかりましたね。
ちょっと愚図りましたけど、なんとか3歳児でも登頂できました。
息子の方はというと、かなり前から一人で先へ行ってしまい、勝手に登頂してました・・・
まあ成長はうれしいんですが、何かあったら危ないから側にいてほしいのだが・・・
c0093131_13385736.jpg

下りは眠くなった娘の心が折れてしまい泣きながら下山。。。
泣けば抱っこしてもらえると思われるのが嫌だったので、頑張って歩いて降りさせました。
山を嫌いになるかもしれないし、僕も嫌われるかもしれませんがおかまいなしで^^;
息子はというと、やはり一人で行ってしまい、結果下山中2回しか会いませんでした。。。
まじで危ないから今後は厳重注意です。でも一人で出来る事がうれしいみたいですね。
成長には必要なことなのかもしれませんね。人も多いので話しかけられたりして
楽しいようです。
娘は兄と合流し、機嫌も持ち直しました。ここは金時宿り石です。
この後、もう一度”うんち”サプライズが飛び出し、再びうんちセットを行いましたが、
またまた出ませんでした・・・またも辱めを^^;
c0093131_13382292.jpg

無事、公時神社到着です。15時30分。下山に2時間かかってますね。
山好きな子供なら全然大丈夫でしょうが、そうでない場合は3歳は微妙なところです。
子供にとっては修行みたいなもんです。
妹気質であまり我慢をしないので、我慢を覚えさせたいし、がんばることも覚えさせたい、
喘息だから体力もつけさせたいと、いろんな想いがあって連れて行きましたが、
3歳時点ではお勧めできませんね〜^^;
親のエゴっていうんですかね、これは。
でもこれが登って降りてこれたんだから、幼稚園の生活なんかは楽勝って思えると
思うのですが・・・やっぱエゴでしょうかw

この後、コンビニでご褒美アイスを買って、満足そうに食べていました。
「頑張ったからアイス買ってもらえたんだよ〜」とか
「幼稚園の子にはお山登れる子いないよ〜」とかちょっと自信なんかも植え付けられたかな?
と思いながら、渋滞している道をノロノロと家路に着きました。
[PR]
by dinocyoco | 2013-05-27 14:49 | | Comments(0)
<< サンリオピューロランド インターライフ「シルエット写真... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31