dinosauroidとは、私が小学生のころに読んだ恐竜雑誌に載っていた造語です。恐竜人間・・・ロマンですな~
トップ
 
<< 浜降祭2012 河口湖ハーブフェスティバル >>
富士登頂のための下見
僕の今年の目標は富士山登頂です。
すごくよかった!と言う人もいれば、二度と行かないという人も。
というのも富士山は高山病の危険が多いのと、森林限界を超えてまったく
景色が変わらず楽しくないというのが、二度と行かないと言う人の理由だと思います。
僕も登ったことないので、不安でいっぱいですが、山登りを趣味にしている以上、
一度は登っておくべきでしょう!
で、事前に練習をと思ったわけですが、本番通り5合目から行くと調子良かったら
山頂まで行きたくなっちゃうかも?!なんていらぬ心配や、
マイカー規制がもう始まっているので、練習に駐車料金やシャトルバス代を払うのが
もったいないなぁ〜なんてせこい考えで、今回「馬返し」からの
富士吉田1合目から登ってみようと思いました。1合目からだと森の中を歩くので
登山としての面白みもあります。馬返しの駐車場は無料ということもあります。

まず4時起床。雨やんでるな!と思ったのはつかの間、すぐにバケツをひっくり返した
ような土砂降りの雨の中天気予報を信じて出発です。
途中、花水川の横を通るのですが、氾濫寸前でした。あんな濁流になってる花水川を
みたのは初めてで、かなり怖さを覚えましたが・・・
c0093131_20364476.jpg

7:00 1450M いざ出発です。
6:45ごろ駐車場に到着したんですが、満車寸前でした。
c0093131_20363285.jpg

7:10 1520M すぐに1合目に到着。スタート地点に着いただけです。
c0093131_20362030.jpg

昨夜からの雨の影響で登山道がかなり荒れていました。
要所要所で水たまりはあったものの、雨が流れていることはなかったので、
富士山付近は早い時間であがっていたのかもしれません。
c0093131_2036769.jpg

7:40 1700M 2合目到着。まだまだ元気。でも高度は自分的には最高地点です。
最近行った三頭山が1527Mで最高だったので。
普通のハイキングといった感じで、自分が富士山を登っている感はまったくありません。
このくらいの高度では当然酸素の薄さも感じないですし、むしろこれだけ森林だと
下界よりも酸素濃度が高いのでは?!って思っちゃいます。
c0093131_20355416.jpg

たまに水の流れが出てきます。しかし富士山には1本も川がないので、
これは川の一端ではなく雪解け水なんですかね。
c0093131_20354028.jpg

おさるさん発見!!!
この着ぐるみで、走って登っています。
帰りの下りでもすれ違ったので、この着ぐるみで何往復もしているようです^^;
今月末に富士登山競争ってのがあって、ここを登ってる人はみんな走っていました。
僕から見たらばバケモノにしか見えませんね。
富士山頂まで走って降りてくるなんて想像もできない・・・
c0093131_20352518.jpg

このくらいの高度になるとキャラメルもパンパンです^^;
人間も膨張してるらしいですよ、そういうことが影響して高山病になるそうです。
c0093131_203516100.jpg

代わり映えのしない写真が続くので端折りました。
8:04 1840M 3合目到着。
8:25 2010M 4合目到着。
8:55 5合目 中宮到着。
9:13 2305M 5合目到着。5合目は3回出てきました^^;紛らわしいのでやめていただきたい・・・
c0093131_2035137.jpg

9:45 2390M 本日の目的地6合目到着。
爽快な景色が広がってはいますが、暴風です。激寒です。
周りの人の話を聞くと、暴風のため山頂まで行けないとか、引き返してきたって人が
たくさんいました。
まあ僕らの目的は最初からここですけどね^^;
c0093131_20345278.jpg

時間が早かったので7合目まで足を伸ばしてみようかと思ったんですが、
この寒さと暴風だし、登りの道を引き返してくるのは迷惑行為だろうと思ってやめました。
富士山は珍しい山で登る道と下る道が分かれています。
6合目で用をたして観光地の5合目に向かいます。ちなみにトイレ使用料は200円です。
c0093131_20343421.jpg

馬が歩いています。
この馬、6合目や7合目まで連れて行ってくれるそうです。お金さえ積めば・・・
7合目は14000円で6合目は8000円かな。むぅ・・・
このおじちゃんたちは下っていますが、なんともセレブ。もしくは限界なのか。
c0093131_20342150.jpg

観光地化した富士吉田5合目は4件ものお店でごった返しています。
代わる代わる観光バスが到着し、たくさんのツアー客をおろします。
これから激混の山小屋へと誘うわけです。
僕は山小屋富士山噴火カレー。980円。なんの変哲もないカレーですが、うまく感じます。
見た目、量が少ないなぁ〜って思ったんですが、ご飯を山に見立てるために
ぎゅうぎゅうに詰まってるため、中々おなかいっぱいになりました。
こいつのせいでこの後胸焼けに見舞われるのですがw
c0093131_20341239.jpg

この絵を拝みたいがために噴火カレーを食べにきたんです。
鈴木ともこさんです。「山登りはじめました」は面白いので1読お勧めします。
c0093131_2034157.jpg

お土産は富士山メロンパン。250円。ココアパウダーがマッチしておいしい。

下山はノンストップでほぼ駆け足のような速度で降りてきました。
結果1時間ちょいで駐車場到着。
標高差でいったら約1000Mだったのですが、道が緩やかなせいか楽な山行でした。
全然富士山練習になってませんね^^;

ちなみに馬返しの駐車場は以前車上荒らし天国だったそうなんですが、
今はバスが1時間置きにくるし、今の時期は富士登山競争の人たちの練習で
誰かしら駐車場付近にいるので全然安全な状態です。路駐もできるので、お勧めの場所です。
1合目からの登山は富士山を登ってる感はないにしても普通に楽しい登山をできます。
強風や強烈な日差しがあっても木々が遮ってくれるおかげで快適です。

※今回わかったこと/本番に向けて
・おそらく7合目以降はかなりつらいであろう
・一眼レフは持って行くのはやめよう。首が痛くなって頭痛の引き金になる。
・ソフトコンタクト!ハードは危険要素が多すぎ。
・ストック大助かり。
・食べながら歩くのはやめよう、苦しくなる。食べるのは休憩時。
・インナー&シャツ&ダウン&フリース&レインジャケット
[PR]
by dinocyoco | 2012-07-14 21:46 | | Comments(0)
<< 浜降祭2012 河口湖ハーブフェスティバル >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30